札幌市で多くの方が効果を実感した整体であなたのつらい腰痛を早期改善いたします!

札幌市の腰痛治療 総合手技治療院MONSON > 各症状と施術例 > 腰部椎間板ヘルニア 治療例

各症状と施術例

腰部椎間板ヘルニア 治療例

今回に臨床報告は昨年腰部椎間板ヘルニアの治療で札幌市より来られた30代男性についてです。

この患者さんは今の仕事に就職してから慢性的な腰痛は感じてたものの、腰から臀部にかけてのしびれるような痛みは当院に来院する約1年前から感じ始めたようで、西岡第一病院を受診した所、腰部椎間板ヘルニアと腰椎分離症と診断されたとの事でした。

リハビリに通うもあまり改善されず、来院一ヶ月前には痛みで仕事もままならない状態で、休職して当院に来院するに至りました。

職業は運送業で、腰椎や椎間板に過度な負荷がかかります。建設業や引っ越し業同様重量物を扱う職業は腰部椎間板ヘルニアが多く見られる職業です。

まず状態を視診した所、疼痛性側彎が顕著に診られました。これは椎間板がなるべく神経を圧迫しないようにするため、自然にかばう姿勢をとるために診られる側彎で、この事からも腰部椎間板ヘルニアでしかも最近発症したものではない事が推測出来ました。

疼痛性側彎はみられましたが、見解を確実なものとするため、触診や各種徒手検査を行いました。

椎間板ヘルニアという見解が確実なものとなりましたので、手技によりとび出た椎間板を神経の触れない所迄戻しました。一つのテクニックで椎間板の髄核を元に戻せるので、所要時間は1分弱です。

神経圧迫がきれいになくなり、強い痛みやしびれは消え、重だるさだけが残りました。長らく神経圧迫されていたので、しびれの出所が絶たれても脳で圧迫刺激をまだ感じ続けている状態です。完全に消える迄タイムラグがあります。

2回目の治療の時にはしびれの残像の重だるさはきれいに無くなっていました。かわりと言ってはなんですが、6年来感じている慢性腰痛を感じ始めてきたとの事。最近の症状がなくなり古い症状が出て来るのは良くなる上での正しい経過です。

その後は慢性腰痛の治療と腰部椎間板ヘルニアの再発防止を兼ねて週に1度治療を重ねて行きました。3ヵ月後には腰痛もほとんどなくなり、出ても一晩眠れば回復する身体になりました。腰椎も理想的な弯曲に近づいてますので椎間板ヘルニアの再発はまずしないと思われます。

総合手技治療院MONSON

【責任者】 飛野 光伯 (トビノ ミツノリ)
【営業時間】 9:00~16:00
18:00~21:00
【定休日】 日曜日・月曜日
バナー
お問い合わせ


北12条駅×カイロプラクティック部門
2017年05月時点

ページトップ