札幌市で多くの方が効果を実感した整体であなたのつらい腰痛を早期改善いたします!

札幌市の腰痛治療 総合手技治療院MONSON > 各症状と施術例 > 椎間板ヘルニアの原因

各症状と施術例

椎間板ヘルニアの原因

ここでは椎間板ヘルニアの原因について説明して行きます。

まず椎間板ヘルニアの概要ですが、背骨と背骨の間にある椎間板と呼ばれる軟骨がとび出す状態を指します。

とび出した軟骨が神経を圧迫したり、炎症を起こす事で腰から足にかけてしびれや痛みを引き起こします。椎間板は24個ある背骨の間に存在するわけですが、どこの背骨の椎間板がとび出るかや、椎間板のとび出す方向により、痛みやしびれを感じる場所や症状が変わって来ます。

椎間板ヘルニア.jpg
きっかけとしては、長時間の座りっぱなしや中腰姿勢の習慣、加齢による椎間板の弾力の低下などがありますが、これらはジワジワと時間をかけて背骨や椎間板にダメージを与え発症するパターンです。

それとは別に急な腰の捻りや重い物を持った時、スポーツ時など大きな力が椎間板にかかり発症するパターンもあります。

きっかけはいろいろあるにしても、これらの環境下に置かれたからと言って全ての人が椎間板ヘルニアを発症するわけではありません。ではなぜ発症する人とそうでない人がいるのでしょうか?

本来人間の背骨は生理的弯曲と言って緩いS字状の形をしています。この形のおかげで、重力による自分の身体の重みを分散してくれています。しかし、この弯曲が大き過ぎたり、小さ過ぎる事で椎間板にかかる負荷が大きくなり、椎間板ヘルニアを発症しやすくなります。

生理的弯曲が乱れた事により支えきれない重力負荷は筋肉で補おうとしますので、椎間板ヘルニアを発症する人の多くは腰の筋肉が硬く血行不良を起こしています。そのため、椎間板ヘルニア発症以前から腰痛を抱えていた方がほとんどです。

このように生理的弯曲が保たれているかどうかで、同じ環境下でも椎間板ヘルニアが発症するかしないかが変わって来ます。そのため、日々の姿勢、体のメンテナンス、靴や椅子などのアイテムの見直し、これら日々の生活が予防、再発防止の観点から重要になってきます。

総合手技治療院MONSON

【責任者】 飛野 光伯 (トビノ ミツノリ)
【営業時間】 9:00~16:00
18:00~21:00
【定休日】 日曜日・月曜日
バナー
お問い合わせ


北12条駅×カイロプラクティック部門
2017年05月時点

ページトップ