札幌市で多くの方が効果を実感した整体であなたのつらい腰痛を早期改善いたします!

札幌市の腰痛治療 総合手技治療院MONSON > 各症状と施術例 > 腰痛の85%が原因不明と言われている事について

各症状と施術例

腰痛の85%が原因不明と言われている事について

日本整形外科学会と日本腰痛学会により発表された腰痛のガイドラインによりますと、腰痛の85%は原因不明とされているそうです。

そんな権威のありそうな学会から"原因不明"と発表されてしまったら、腰痛で長く苦しんでいる人の中には「原因不明じゃ自分の腰痛も良くならないかも。」と諦めてしまったり、不安になる人も少なくないのではないでしょうか。

ではなぜ原因不明なのでしょうか?
Fotolia_77976949_XS.jpg
答えはお医者さんが精密検査やマニュアル的な徒手検査でしか鑑別診断出来ない事にあります。他ページでも述べているようにレントゲンでは骨の異常位しか判別出来ません。MRIなどその他の画像検査により、筋肉や靭帯など、検査の対象となる組織は広がりますが、明らかな圧迫や断裂などがない限り明確な判別が出来ないのが事実です。

85%が原因不明の腰痛という事は、言い変えるとお医者さんが診断出来る腰痛は15%しかないと言う事ですから、腰痛が辛くて病院にかかっても「異常なし。」と診断され、処置として"痛み止めと湿布を処方されるだけ"という事が多いのも無理もないのかもしれません。

診断出来る15%とは病名が付けられるもので、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症などです。しかしこの中には誤診が含まれたり、診断名がついてもやはり痛み止めと湿布が処方されるだけという事がありますので、病院で解決可能な腰痛という意味ではさらに確率が下がるかもしれません。

Fotolia_65451027_XS.jpg

骨自体に異常がみられなかったり明らかな圧迫や断裂はなくとも、筋肉が伸びたり、関節がズレたりしただけでも痛みは現れます。そのような病院では"異常"とみなさないような身体の変調はその他にも多くあります。薬の副作用、内臓の疲労、トラウマなど...。

近年では腰痛患者さんを診て来て、原因が心底わからないと思った事はないので、この腰痛の85%は原因不明という発表が与える影響力を考えると恐い気がします。

総合手技治療院MONSON

【責任者】 飛野 光伯 (トビノ ミツノリ)
【営業時間】 9:00~16:00
18:00~21:00
【定休日】 日曜日・月曜日
バナー
お問い合わせ


北12条駅×カイロプラクティック部門
2017年05月時点

ページトップ