札幌市で多くの方が効果を実感した整体であなたのつらい腰痛を早期改善いたします!

札幌市の腰痛治療 総合手技治療院MONSON > 各症状と施術例 > 腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛に対する牽引療法について

各症状と施術例

腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛に対する牽引療法について

腰椎椎間板ヘルニアにおいて当たり前のように行われている牽引療法ですが、その是非について記述して行きます。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの坐骨神経痛において、病院や整骨院等で当たり前のように行われる方法に牽引療法があります。札幌市においても例外ではなく、坐骨神経痛の治療により整形外科や整骨院をまわって当院に来院された患者さんも、牽引療法を受けていた方が結構な数おられます。

Fotolia_66653167_XS.jpg

そもそもその効果はどうなんでしょうか?

私のこれ迄の経験上、牽引療法により椎間板ヘルニアや坐骨神経痛が治ったと言う話は聞いた事がありません。坐骨神経痛どころか腰痛にさえそういった話は皆無です。

経験上はありませんが、インターネット上の話の中ではごく少数聞いた事があります。

しかしインターネット上で牽引療法により椎間板ヘルニアや坐骨神経痛が治ったというその方は、1年以上経過しての話のようなので、牽引療法により治癒したのかどうか甚だ疑問です。

免疫細胞であるマクロファージが椎間板の髄核を食べてくれて神経圧迫がなくなったのかもしれませんし、他の理由により改善した事も考えられます。

当院にいらっしゃる患者さんの意見でも引っ張っている間は楽だけど、また立ったり座ったりしているうちに坐骨神経痛が再び出て来るので結局同じといった意見が大多数です。

椎間板の髄核は背骨である腰椎に過剰な負荷がかかる事でとび出て来ます。本来身体にかかる負荷は、足や膝、股関節や仙腸関節等で分散されるため、椎間板ヘルニアになる程腰椎に負荷がかかる事はないのですが、それら関節に異常が起きると、その分の負荷を正常な関節で補わなければなりませんので、異常が多ければ多い程腰椎や椎間板にかかる負荷が大きくなります。

脳天から肛門を串刺しにしたラインにある重心線から逸脱しても、椎間板ヘルニアのリスクは高まります。例えば腰椎が右に傾いていれば左側に椎間板ヘルニアが現れやすいため、左側に坐骨神経痛が出やすくなります。この事からも四方八方に椎間板がとび出る事なく、片側性にとび出る事が多い事の説明がつきます。

herunia.jpg

牽引をすると対象部位の椎間板にかかる圧力を減らせるので、引っ張っている間楽に感じるのは当然ですが、人間は地球の重力下で生活しています。引っ張るのをやめて、上体を起こせば再び重力下におかれ椎間板に強い圧力がかかり始めますので、神経を圧迫し、しびれや痛みを増幅させます。

前述の通り様々な要因で腰椎が歪んだり、過負荷がかかっているわけですから、根本的に身体の構造を変えて、身体の各パーツにバランス良く重力がかかり、負荷を分散出来るようにしなくてはなりません。

牽引療法により一時的に楽になったり、もしかするとそれで本当に治った方もいるかもしれませんので、全否定はいたしません。しかし、確率が低い事は事実と思いますので、担当の先生を信じ、治ると信じて牽引療法を続けている方が気の毒でなりません。

このブログを読んで椎間板ヘルニアや坐骨神経痛が改善に向かう方が増えると幸いです。

総合手技治療院MONSON

【責任者】 飛野 光伯 (トビノ ミツノリ)
【営業時間】 9:00~16:00
18:00~21:00
【定休日】 日曜日・月曜日
バナー
お問い合わせ


北12条駅×カイロプラクティック部門
2017年05月時点

ページトップ