札幌市で多くの方が効果を実感した整体であなたのつらい腰痛を早期改善いたします!

札幌市の腰痛治療 総合手技治療院MONSON > 各症状と施術例 > 座りっぱなしが辛い坐骨神経痛の患者さん 

各症状と施術例

座りっぱなしが辛い坐骨神経痛の患者さん 

座りっぱなしが辛いという坐骨神経痛でいらっしゃった30代女性の治療例を以下に書いて行きます。

今回の患者さんは10年来の腰痛持ちで、二ヵ月前頃から特に悪化してきたため、札幌市内の整体院や整形外科を回ったが良くならず、当院にお越し頂きました。

症状は左の腰から脚にかけての痛みやしびれで、座りっぱなしが特に辛いがデスクワークなので、座る事が避けられない状況との事でした。

問診、視診、触診による各種徒手検査を行った結果、左脚にアライメント不良がありその事に起因する坐骨神経痛である事がわかりました。

もう少し具体的に言いますと、足首は捻挫したように曲がり、膝のお皿が内向きにずれ込み、股関節が骨盤にある受け皿から離れるように歪んだ状態になっていました。結果として骨盤、仙腸関節も歪み、それら歪んだ骨格に引っ張られる形で筋肉が伸びたり縮んだりした状態で固まっているので、坐骨神経の圧迫が強くなり、痛みやしびれとなって現れていたのです。

筋肉がこのように伸縮出来ないでいると、血液が流入しにくいので、酸素や栄養が入って来ないばかりか、発痛物質や疲労物質も留まってしまいますので更なる痛みを引き起こします。

これらの事を踏まえて、まず筋肉が正しく伸縮出来るように筋肉や筋膜のズレを手技により調整しました。筋肉が正しい位置に戻る事で伸縮動作が自然に行えるようになりますので、血液の流入も増えて来ます。続けて足首、膝関節、股関節のズレを矯正する事で坐骨神経の圧迫が解放され、痛みやしびれがおさまりました。

正しい関節の位置が脳と体に記憶される迄再発する可能性は高いですが、この理論の元治療を続け、生活習慣の悪い癖を改めれば根治すると思われますので、今後結果報告して行きたいと思います。

総合手技治療院MONSON

【責任者】 飛野 光伯 (トビノ ミツノリ)
【営業時間】 9:00~16:00
18:00~21:00
【定休日】 日曜日・月曜日
バナー
お問い合わせ


北12条駅×カイロプラクティック部門
2017年05月時点

ページトップ