札幌市で多くの方が効果を実感した整体であなたのつらい腰痛を早期改善いたします!

札幌市の腰痛治療 総合手技治療院MONSON > 各症状と施術例 > 整形外科で見落とされる坐骨神経痛の原因

各症状と施術例

整形外科で見落とされる坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛とはさまざまな腰痛や、他ページでも説明している腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などでみられる症状の名前で、病名ではありません。そのため、坐骨神経痛があっても原因は多岐にわたります。

症状は坐骨神経と呼ばれる太い神経上に現れる痛みやしびれです。

坐骨神経と繋がり、名称を変えて抹消迄分布している神経は足先の方迄伸びています。そのため、坐骨神経痛により足先迄痛みやしびれを訴える方もいらっしゃいます。

坐骨神経痛png.png

前述の通り長い神経なので、同じように坐骨神経痛と診断された方でも、どこで神経の圧迫を受けているかにより痛みやしびれを訴える範囲や場所が異なります。

ここでは腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症以外の理由による、意外と多い坐骨神経痛の原因について説明して行きます。

整形外科で見落とされる坐骨神経痛の原因に股関節の亜脱臼があります。

骨盤と太ももの骨である大腿骨で関節を成している部分が股関節ですが、大腿骨の骨頭(末端)が骨盤の寛骨臼(受け皿)から過度に離れてしまう現象です。

股関節.jpg

股関節を形成する大腿骨ですが、膝に対しても関節を成しています。そのため股関節の亜脱臼がある方は必然的に膝関節も歪んでいます。よって股関節の亜脱臼による坐骨神経痛がある方は股関節痛や膝痛を併発している、もしくは以前、股関節や膝が痛かったという方が非常に多いです。

亜脱臼という言葉がおおげさに聞こえるかもしれませんが、交通事故など大きな外力が加わらなくても起こりえる現象です。

股関節亜脱臼の原因として、片側の股関節や骨盤に体重を預けるように立つ癖があったり、仕事や日常生活での立ちながらの作業で片側ばかり(同じ側)向く習慣がある方があげられます。(例:右を向いて物を置くが左には置かないなど)

股関節の亜脱臼がひどくなると亜脱臼側の足に体重をかけられなくなったり、車や飛行機のシート、ソファーなど、お尻が後ろや下にずれたり沈み込む椅子だと、痛みやしびれが増す事が多いです。そういった意味では札幌市は車での移動が多いので、股関節の亜脱臼による坐骨神経痛の方には辛い環境かもしれません。

総合手技治療院MONSON

【責任者】 飛野 光伯 (トビノ ミツノリ)
【営業時間】 9:00~16:00
18:00~21:00
【定休日】 日曜日・月曜日
バナー
お問い合わせ


北12条駅×カイロプラクティック部門
2017年05月時点

ページトップ